[TRANSLATION: Japanese]: Lucien van der Walt, 黒い炎を灯す 世界的なアナキズムとサンジカリズムの歴史と政治

Lucien van der Walt, 黒い炎を灯す 世界的なアナキズムとサンジカリズムの歴史と政治, via of this via here which is edited version from here. (Lighting a Black Flame: The history and politics of global anarchism and syndicalism) 黒い炎を灯す 世界的なアナキズムとサンジカリズムの歴史と政治 2010年 11月2日にブラジルのサンパウロで行われたルシアン・ヴァン・デン・ヴォルト氏のトーク書き起こしです。本日来てくれたみなさんに感謝する。祝日であることはわかっている。なので、来てくれてありがとう。さて、『ブラック・フレイム』の内容は膨大だ。本書全体を語るとなると複雑な話しになる。議論の時間になればいろんな議題に関して深く掘り下げることがで きるかもしれないがトークの中では主要なテーマについて強調して話をしていく。ちなみに本書には続きがある。『ブラック・フレイム(黒い炎)』が第一巻で、第二巻が『グローバル・ファイヤー(世界的な火』である。 つまり本書は大きな企画のなかの基盤であり、アナキズムの歴史とその分派、革命的サンジカリズムまたはアナルコ・サンジカリズム、つまりアナキズムによる労働組合運動などのテーマに絞っている。 用語について 私がサンジカリズムと言うとき、英語の使い方に沿った特定の意味を指す革命的サンジカリズムまた はアナルコ・サンジカリズムを意味していることを理解してほしい。決してローマ系言語における労働組合一般をさしているわけではな いので注意してほい。あと、私がアナキズムと言うとき、大抵はサンジカリズムを含んでいる。サンジカリズムはアナキズムの一部であるからである。 このような本、つまりアナキズムを扱い、しかも(アナキズムの歴史を扱う際におちいりがちな)ヨーロッパの一部に注目するのではなく真に世界的な視点に立つ場 合、必要なのは主題を注意深く定義することである。 結局、アナキズムとは何か? 「アナキズム」とそれ以外を分ける境界線をどこに置くかはとても重要だ。これは分析と調査において大事なことだ。勝手な線引きをして特別な印象を与えようとするという話ではない ゆるやかな定義の問題点は研究の対象となる明確な主題がないことにある。含めるものと除外するものがあいまいになり、恣意的で不合理なものとなる。英語では、ピーター・マーシャルによるよく知られた調査がある。これはで重要な本であるしかしアナキズムの定義はとてもゆるやかなものである。アナキストであることは「権威」に、特に政府の「権威」に反対することであるといった定義だ。「権威」がなんなのか ここでははっきり定義されていない。これから私が明らかにするように、理由がなんであれ、政府に反対することすなわち誰かが、あるいは何かがアナキストであることを定義する十分な根拠とはなりえない。 この手法を用いて マーシャルが政府介入に反対したという理由で新自由主義者のマーガレット・サッチャー、またはカストロ政権の官僚主義に多少批判的であったという理由でマルクス主義者のチェ・ゲバラをアナキズムの研究の対象としたことがわかる。この二人は政府を大切にしていたが、特定の形態に限って反対していたのだ。 思い出して欲しい、サッチャーは賃金を下げ、収入を富裕層に移行することで産業をつぶすことによってイギリスの福祉国家や労働組合を破壊したのだ。政府に反対したといっても、自由市場への介入に反対したに過ぎない。抗議行動参加者やストライキをした労働者を殴るためやフォークラ ンドを侵略するためなら喜んで政府の力を使ったのだ。ゲバラにしても、ジョセフ・スターリンを敬愛し、ロシア独裁と協力し、秘密警察を備えた1党制の政府をキューバに建てる手伝いもしたのだ たしかにカストロ政権の要素のうち反対していたこともあったが、ゲバラ自身が建立や維持に貢献し、見捨てることはなかったのだ。 「反政府」にとどまらない アナキズムを政府に「反対」することだと定義し、「反対」する方法もゆるやかで曖昧な使い方をするならば(政府の廃止を望むのではなく少しの変化を望むことも含まれることになるだろう)、当然サッチャーやゲバラもそのアナキズムの一部とすることが合理的である。 しかし同様に、マーシャルと同じく新自由主義者やマルクス・レーニン主義者を難なくアナキズムの一部として扱うアナキズムの研究は可能であるが、ここには論理的な問題が発生する。 特にアナキズムを単なる反政府主義として、またあいまいな「個人」の「自由」を尊重するものであるとゆるやかに定義すると、その他の思想(特に新自由主義やマルクス・レーニン主義)と切り分けて考えることが難しくなってしまう。そいて新自由主義やマルクス・レーニン主義とアナキズムを分けることができないなら、アナキズムの潮流が存在したと明らかにすること自体がかなり難しいこととなる。 … Continue reading [TRANSLATION: Japanese]: Lucien van der Walt, 黒い炎を灯す 世界的なアナキズムとサンジカリズムの歴史と政治

Lucien van der Walt, [2008] 2019, “Foreword,” to “Freedom for All: An Introduction to Anarchism” (Zabalaza Books)

Lucien van der Walt, [2008] 2019, "Foreword," Freedom for All: An Introduction to Anarchism, Zabalaza Books, Johannesburg, second edition, pp. 3-4, from HERE. FOREWORD Freedom for all, and a natural respect for that freedom. Such are the essential conditions of international solidarity. – Bakunin Over the last few years, the resurgence of revolutionary anarchism has caught … Continue reading Lucien van der Walt, [2008] 2019, “Foreword,” to “Freedom for All: An Introduction to Anarchism” (Zabalaza Books)

Shawn Hattingh &Lucien van der Walt, [2015] 2019,  “Appendix: The Kurdish Question,” in Alfredo Bonanno, “Anarchism and the National Liberation Struggle”

Shawn Hattingh and Lucien van der Walt, [2015] 2019,  "Appendix: The Kurdish Question - Nationhood or Autonomy?," in Alfredo Bonanno, Anarchism and the National Liberation Struggle, Zabalaza Books, Johannesburg, third South African edition,  pp. 36-39, from HERE, reprinted from HERE. Taking a look at the existential crisis of the Kurdish in Turkey and elsewhere [this article … Continue reading Shawn Hattingh &Lucien van der Walt, [2015] 2019,  “Appendix: The Kurdish Question,” in Alfredo Bonanno, “Anarchism and the National Liberation Struggle”

Lucien van der Walt, [2003] 2019, “Introduction to the Second South African Edition (2003),” to Alfredo Bonanno, “Anarchism and the National Liberation Struggle”

Lucien van der Walt, [2003] 2019, "Introduction to the Second South African Edition (2003)," Alfredo Bonanno, Anarchism and the National Liberation Struggle, Zabalaza Books, Johannesburg, third South African edition,  pp. 7-14, from HERE. The ongoing struggle in Palestine is only the most obvious of a number of national liberation struggles taking place worldwide. In northern Ireland, … Continue reading Lucien van der Walt, [2003] 2019, “Introduction to the Second South African Edition (2003),” to Alfredo Bonanno, “Anarchism and the National Liberation Struggle”

Lucien van der Walt, 2019, “Introduction to the 1994 South African Edition (revised),” to Alfredo Bonanno, “Anarchism and the National Liberation Struggle”

Lucien van der Walt, 2019, "Introduction to the 1994 South African Edition (revised)," Alfredo Bonanno, Anarchism and the National Liberation Struggle, Zabalaza Books, Johannesburg, third South African edition,  pp. 4-6, from HERE. This pamphlet represents an attempt to develop an anarchist internationalist stance on the ever present and ever controversial issue of the national liberation struggle (NLS), … Continue reading Lucien van der Walt, 2019, “Introduction to the 1994 South African Edition (revised),” to Alfredo Bonanno, “Anarchism and the National Liberation Struggle”

[SHORT] van der Walt, [2004] 2019, “On Bakunin: Introduction to the South African Edition (2004)”

Lucien van der Walt, 2019, “On Bakunin: Introduction to the South African Edition (2004),” in Basic Bakunin, Zabalaza Books, Durban/ Johannesburg, second South African edition,  pp 3-6. HERE. This was an introduction written for the second South African edition of the 1993 British pamphlet Basic Bakunin, which was written by Colin Parker. A first South African edition … Continue reading [SHORT] van der Walt, [2004] 2019, “On Bakunin: Introduction to the South African Edition (2004)”

Lucien van der Walt, [1998] 2019, “Breaking the Chains: A History of Anarchism”

Lucien van der Walt, 2019, Breaking the Chains: A History of Anarchism, Zabalaza Books, Johannesburg, reprint of 1998 Workers Solidarity booklet, from HERE. "This is a book about the history of anarchism. It is a history of nearly 120 years of unbroken workers struggle. It is a history of sacrifice and bravery by ordinary people fighting for … Continue reading Lucien van der Walt, [1998] 2019, “Breaking the Chains: A History of Anarchism”

[TALK] Lucien van der Walt, 2019, “Alternatives from the Ground Up: Anarchism/Syndicalism and (Black) Working Class Self-Emancipation in Post-Apartheid South Africa”

Lucien van der Walt, 2019, Alternatives from the Ground Up:  Anarchism/ Syndicalism and (Black) Working Class Self-Emancipation in Post-Apartheid South Africa, Zabalaza Books, Johannesburg, from HERE. This is a booklet (text below) published by Zabalaza Books in South Africa, HERE. It is based on a paper given at a political "Globalisation School" in Cape Town, for a … Continue reading [TALK] Lucien van der Walt, 2019, “Alternatives from the Ground Up: Anarchism/Syndicalism and (Black) Working Class Self-Emancipation in Post-Apartheid South Africa”

[SHORT] Lucien van der Walt, 2019, “Overview of Theories of the State”

Lucien van der Walt, 2019, “Overview of Theories of the State,” in John Reynolds and Lucien van der Walt (eds.) , Strategy: Debating Politics Within and At a Distance from the State, Neil Aggett Labour Studies Unit (NALSU), Rhodes University, Makhanda, South Africa, pp. 13-23.  PDF of this article HERE, and the whole book HERE, mirrored … Continue reading [SHORT] Lucien van der Walt, 2019, “Overview of Theories of the State”

Lucien van der Walt, 2019, “Erneuerung und Reform der Arbeiterbewegung: Ein Plädoyer für den Anarcho-Syndikalismus”

Lucien van der Walt, 2019, "Erneuerung Und Reform Der Arbeiterbewegung: Ein Plädoyer für den Anarcho-Syndikalismus," Direkte Aktion, 18 October.  From here, translation from here. Erneuerung und Reform der Arbeiterbewegung: Ein Plädoyer für den Anarcho-Syndikalismus  Von: Lucien van der Walt - 18. Oktober 2019 Danke für die Einladung zu diesem Panel [1], zusammen mit der Genossin Hilary Wainwright, einer Schlüsselfigur … Continue reading Lucien van der Walt, 2019, “Erneuerung und Reform der Arbeiterbewegung: Ein Plädoyer für den Anarcho-Syndikalismus”

[SHORT] Lucien van der Walt, 2019, “Modes of Politics at a Distance from the State”

Lucien van der Walt, 2019, “Modes of Politics at a Distance from the State,” in John Reynolds and Lucien van der Walt (eds.), Strategy: Debating Politics Within and At a Distance from the State, Neil Aggett Labour Studies Unit (NALSU), Rhodes University, Makhanda, South Africa, pp. 44-50.  PDF of this article HERE, and the whole … Continue reading [SHORT] Lucien van der Walt, 2019, “Modes of Politics at a Distance from the State”

[4-DAY SCHOOL with Eastern Cape unions]: 9-12/07/2019: “Politics Within and At a Distance from the State”

The Vuyisile Mini Winter School is an annual event,  launched at Rhodes University in 2015 with financial support from the Friedrich Ebert Stiftung (FES). Named after a famed Eastern Cape trade unionist who was executed by the apartheid state, the Winter School has focused on trade unionists based in the Eastern Cape Province, where Rhodes … Continue reading [4-DAY SCHOOL with Eastern Cape unions]: 9-12/07/2019: “Politics Within and At a Distance from the State”

[6-DAY SCHOOL with Eastern Cape unions]: 25-30/08/2019: “South African Political Economy and the Global Crisis”

Looking back at the year: we ran a great August 2019 short course on “Political Economy, and Economic and Social Policy” at Rhodes University in Makhanda/ Grahamstown in the Eastern Cape. Our theme is “South African Political Economy and the Global Crisis.” The short course is the first module in our four module Policy, Theory … Continue reading [6-DAY SCHOOL with Eastern Cape unions]: 25-30/08/2019: “South African Political Economy and the Global Crisis”